専門書、ビジネス書など30冊以上送料無料で宅配買取を行っております。古本買取のエコブックス(ecobooks)は、1冊1冊丁寧に査定。

オーメンVS平将門

2012年08月08日 category : 店長おすすめ本・書籍ネタ タグ:

残暑お見舞い申し上げます。

怖がりの見たがりで深夜に「オーメン」を見てみました(-ω-)

初めて見るわけではなかったのですが、開始14分経過でいきなりの先制攻撃っ・・・ラストで・・・∑(・ω・ノ)ノ!

デジカメ登場以来心霊写真が少なくなったとの話も聞きますが、ユ~レイなる物が写っているより怖い・・・
【omen】という単語がそもそも前兆(悪い事の)って意味だったんですね( ゚д゚ )初めて知りました。

タイトルの『O』の文字の中に例の「666」の数字がオシャレに入ってました・・・
これも初めて発見(今更だけど・・・)

3Dになったり、野球の始球式に登板したりする貞子ちゃんとはまた違う怖さがジワジワと・・・
かといって貞子ちゃんがリビングの隅に居て貰っても困るけど^^;

日本では悪魔という感覚はあまり身近ではないような気がします。
むしろ実在の人物が怨霊になりタタリをおこすというパターンが多いような気がします。
タタリもおこすけどそれだけパワーが強いって事でご利益もありそうですが・・・

日本三大怨霊・・・菅原道真・崇徳天皇・平将門
↑参考までに

ビッグネームの平将門が主役ともいえる「帝都物語」
現在出版されているだけでも13巻(外伝含む)100年くらいかけての物語展開ですが、
実在の人物がふんだんに登場!!(寺田虎彦・渋沢栄一・今和次郎などなど)

飽きる事なく読みきれるシリーズです。
(夜中に読んでも怖くはないです、続きが読みたくで寝不足になる可能性はありますが)
読後は登場人物の著作も読みたくなる事必至です。

今ブームの風水についての解説書として読むのもオススメ(^^♪
オーメン (特別編) [DVD]
B000O76Z4Y

このページのTOPへ